たわごとTOMOサロン

アクセスカウンタ

zoom RSS 北海道開拓の村・児童写生会

<<   作成日時 : 2017/07/20 21:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

札幌滞在3日目(土曜日)、昨年に引き続き、今年も孫たちが参加する「北海道開拓の村・児童写生会」に行ってきました。(今回の北海道行きはこれがメインイベントです。)

去年は二日間かけての写生でしたが、今回は都合により半日しか時間が取れません。
それで、写生会前日に、どの場所でどの建物を描くかを孫のKくん・Mくんを連れて下見をしました。
(どこを描こうかと広い開拓の村をウロウロするだけで、結構な時間が取られますから・・・)

孫たちが選んだ場所は・・・
M君が入り口近くにある「旧開拓使札幌本庁舎」
K君は入り口か500m近く奥に行ったところにある「旧青山家漁家住宅」
(北海道開拓の村は昔の建物が52棟も展示されている、52,2ヘクタールもの広〜い野外博物館です。)

さて、写生会当日1時過ぎ
開拓の村に到着後すぐに、二人は係りの人からもらった画用紙を広げ、M君はクレパス、K君は鉛筆で下描きを始めました。
私は、それぞれが描き始めるのを見届けるために、M君がいる入り口付近からK君の場所まで400mをダッシュで移動です。
すると、電話がかかってきて、M君のところに来てほしいとのこと。
400mダッシュでM君のところへ・・・。
クレパスの箱を見てみると、「緑色クレパス」が12色中一本だけありません。(建物が緑と白なのに〜)
クレパスを買いに「写生会本部のテントまでダッシュ!

今度はK君がどんな進み具合か気になり、またまたサンダル履きで400mダッシュです。
行ってみると、「消しゴムが行方不明」とのこと。
石の敷き詰めてある地面を、腰をかがめて探し回るも、見つからず。
私の持ってきていた消しゴムをバッグの中からだしました。

そうこうするうちに、またまた電話が鳴りました。
またまた走って入口の方にいるMくんのところに移動です。
走る速度が落ちてきました。

それから2人が描き終わる5時近くまで、何度400m走を繰り返したことか。
去年は私もスケッチする余裕があったけど、今年はとてもとても・・・

孫たちはは去年より集中して頑張って絵に取り組んでいたように感じました。
(腕を組み、思わず目を細める「ばあば」です。)
来年も参加しようね。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北海道開拓の村・児童写生会 たわごとTOMOサロン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる